タンパク質

Nicomp® (ナイコンプ) DLS および AccuSizer® (アキュサイザー) SPOS の両システムは、タンパク質のサイズ、凝集、表面電荷 (ゼータ電位) の測定によく使用されます。

ナイコンプ DLS システムは、0.1 mg/mL リゾチームのように極小サイズで低濃度での単量体、二量体、三量体を測定できる高い感度を備えています。アキュサイザー SIS システム は、新しい AccuSizer SIS system can be used to measure to measure protein aggregation per the new USP <787> 試験に準拠したタンパク質凝集の測定に使用できます。デュアルセンサーを搭載したアキュサイザー FX Nano システムは、わずか 150 µL の試料を使用して最小 0.150 µm までのタンパク質のサイズと個数を測定できる唯一の光学式粒子カウンターです。